マルゲリータ

009

マルゲリータ (Margherita) は、イタリア料理のピザの種類の1つで、ナポリピッツァの代表でもあります。この名称は、イタリア王妃マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ(以降、「イタリア王妃」)に由来しています。 日本語で、本ピザについてピザであることを略さずに表す場合には、「マルゲリータ・ピザ」や「マルゲリータ・ピッツァ」、イタリア語での本来名である “pizza Margherita” に由来する「ピッツァ・マルゲリータ」や「ピザ・マルゲリータ」など、様々な呼び方が用いられています。 イタリア王妃が、「バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤がまるでイタリアの国旗を表しているようだ」として気に入り、自らの名を冠したと言われています。 1880年に創業したナポリのピッツェリア「ピエトロ…エ・バスタ・コジ」(Pietro… e basta cosi、現ピッツェリア・ブランディ Pizzeria Brandi)のピッツァ職人であったラファエレ・エスポジト (Rafaele Esposito) が、1898年にウンベルト1世とマルゲリータ王妃夫妻を迎えるため、イタリア国旗の緑・白・赤を表現したこのピザを作ったといわれています。 この説に対して同様にナポリの老舗ピッツェリア「ピッツェリア・アンティカ・ポルタルバ」 (Pizzeria Antica Port’Alba) では、店頭でも起源はもっと古いと公に反論し議論が絶えないなど、ナポリ文化に深く根ざしたピザでもあります。

Return to page top